[Android]画像・写真を圧縮するアプリImage Shrink Liteが便利

screenshot_2015-07-01-17-37-42_19131882898_o

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/

LINEやメールで画像・写真を送信する時って、データが気になりますよね。最近のAndroidスマホはカメラの性能が非常に高く、デジカメ並の画素数を誇るものもあったり。

スマホで撮影して保存しておく分には問題ないのですが、それを友だちに送る〜となったら・・・。データが大きすぎて送れないこともしばしば。

ということで今回の記事では、Androidスマホ一台で画像を圧縮してくれるアプリ「Image Shrink Lite」を紹介していきます。

元の画像データはこれくらい

2015年6月15日に撮影したこちらの写真、サイズは「2.67MB」となっています。画質がいいのはわかるのですが、想像以上にデータが大きいな〜と思いました。

screenshot_2015-07-01-17-37-42_19131882898_o

写真を100枚200枚と撮りためていったら。あっという間に端末の容量がいっぱいになってしまいます。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

Image Shrink Liteを使ってみる

まずはPlay ストアから「Image Shrink Lite」をインストール。ここで注意なのですが、アプリを検索すると「Image Shrink Lite」と「Image Shrink」の2種類が表示されます。

後者は有料(200円)なので、無料版の前者をインストールしましょう。

2015-07-01 08.17.31

インストールが完了したらアプリを起動。「シンプルモード」「フルモード」の選択画面が表示されますが、何もイジらなくてもOKです。

2015-07-01 08.18.18

次に一旦アプリの画面から離れ、圧縮したい写真・画像を開きましょう。開いたら「シェアボタン(操作の選択)」をタップし、Image Shrink Liteを選択します。

サイズ選択画面が表示されるので、ここでは「カスタムサイズ(800×400)」を選択。

Screenshot_2015-07-01-17-21-58

圧縮が完了したら、共有先を選択して操作は完了です。

Screenshot_2015-07-01-17-22-31

今回は93KBまで圧縮されたので、大幅にデータを削減することができました。

Image Shrink Liteはこんな時に使おう

冒頭でもお話しましたが、LINEやメールで写真・画像を送る時にめちゃくちゃ重宝します。特にLINEですね。

無料でここまでの機能が使えるというのは非常にありがたいです。200円の有料版を購入すれば、複数の写真・画像を一括で圧縮できるので、もしでしたらこちらもご検討ください^^

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>