iPhoneの位置情報や視差効果を減らすをオフに!遅い時に効果的!

2015-07-03 14.29.53

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/

iPhoneの動きを少しでも早くするためには、不要なサービス・機能をオフにしておくことをオススメします。最近なんだか動きが遅いよな〜モサモサするよな〜という時にも効果的な方法です。

今回の記事では、iPhoneの位置情報や視差効果を減らすをオフに!遅い時に効果的!という内容をお届けしていきます。

iPhoneの動きが遅い時に試したい方法

  1. 位置情報サービスをオフにする
  2. 視差効果を減らすをオフにする
  3. キーボードの設定を変更する

この3つの方法を試すだけでも、iPhoneの動作性は向上します。では、ここからは各操作の細かい設定方法を見ていきます。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

位置情報サービスをオフにする

Mapを使う時以外は不要ですよね、位置情報サービスって。オンにしているとGPS機能を使っていることになるので、バッテリーやデータ通信量を消費してしまします。

オフにする方法は、まずiPhoneのホーム画面から「設定>プライバシー>位置情報サービス」と進みましょう。

2015-07-03 14.29.53

次に位置情報サービスのつまみを左側にずらせば「オフ」になります。確認画面が表示されたら「オフにする」を選択すればOK。これで操作は完了です。

2015-07-03 14.30.33

Mapを使う〜という時になったら、再度オンにすればOKです。

視差効果を減らすをオフにする

アプリを起動する時の動きなどがダイナミックになる機能なのですが、正直不要です。オフにする方法は「設定>一般>アクセシビリティ」と進み・・・

2015-07-03 14.32.32

「視差効果を減らす」をオフに、さらに「コントラストを上げる」の中にある項目も全てオフにしてしまいましょう。

【視差効果をオフ】

2015-07-03 14.34.02

【コントラストを上げる〜を全てオフ】

2015-07-03 14.33.55

キーボードの設定を変更する

「設定>一般>キーボード」と進むと、キーボードの設定を変更することができます。

2015-07-03 14.35.03

「キーボード」の中にある不要なキーボードを削除する。

2015-07-03 14.35.39

「Caps Lockの使用」「音声入力」をオフにする。

2015-07-03 14.36.18

英文をあまり入力する機会が無い〜という場合は、「自動大文字入力」「自動修正」「スペルチェック」「ピリオドの簡易入力」もオフにしてしまいましょう。

2015-07-03 14.37.19

最後に

たったこれだけの設定を変更するだけでも、iPhoneの動作性が向上するので、ぜひお試しください^^

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>