【Android】Gmailアプリの使い方〜設定!アカウント追加も簡単

Gmail1

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
Gmail1

無料で使えるメールサービス「Gmail」PC・スマホで連携させて使うことができるので、非常に重宝するサービスの1つです。

複数アカウントを作成・管理することもできますから、用途に応じてアカウントを使い分けることも可能です。

今回の記事では、Androidスマホ1台でGmailアカウントを作成する方法を、画像付きで紹介していきます。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

【Android】Gmailアプリの使い方

※画面はXperia Z3のものです。

まずはPlayストアにアクセスし、Gmailアプリをインストールしましょう。インストールが完了しアプリを起動すると、このような画面が表示されるので「新しいアカウントを追加」をタップ。

2015-06-17 00.16.42

※既にGooglaアカウントを所有している場合は、既存のアカウントをタップし、メールアドレス・パスワードを入力すればOKです。

新しいアカウントを作成する手順は、まず名前を入力します。

2015-06-17 00.17.17

次にユーザー名の入力。これがGmailアドレスになるので、任意のユーザー名を入力しましょう。

2015-06-17 00.17.32

続いてパスワードの設定に移ります。半角英数字8文字以上で入力しましょう。

2015-06-17 00.18.19

設定が完了すると、Googleパスワードの再設定という画面が表示されますが、今回は「後で」をタップして次の手順に移ります。

2015-06-17 00.19.15

Googleサービスの各項目にチェックを入れ、「▶」をタップ

2015-06-17 00.19.52

アカウントを完了という画面で「同意する」をタップ

2015-06-17 00.20.31

テキストが表示されるので、正しく入力して▶をタップ

2015-06-17 00.20.40

これでアカウントの作成は完了。Gmailアプリを自由に使うことができます。

アカウントの追加方法

ホーム画面から設定に進み、アカウントの項目にある「アカウントの追加」をタップ

2015-06-17 00.23.42

各種アプリが表示されるので、Googleを選択

2015-06-17 00.45.23

先ほどと同じように、Googleアカウント追加の画面が表示されるので、既存のアカウントor新しいアカウントをタップして、表示される指示通りに進めていけばOK。

アカウントの追加が完了すると、このように切替えて使うことができます。

2015-06-17 00.28.31

まとめ

Androidスマホで作成したGmailアカウントは、PCからでもログインして利用することができます。

ビジネスでもプライベートでも使えますから、ぜひ1アカウントは作っておきたいところです^^

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>