[Android向け]Yahoo!スマホ最適化ツールが便利!重い時にはこれ!

unnamed

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
unnamed

Yahoo!が提供している「スマホ最適化ツール」使ってますか?無料で使えるサービスなのですが、無料とは思えない程のハイクオリティなんです。

Androidスマホのモッサリ感を解消してくれるのはもちろんのこと、バッテリーの節約や容量の使用状況などもサポートしてくれます。

今回の記事では、[Android向け]Yahoo!スマホ最適化ツールが便利!重い時にはこれ!という内容をお届けしていきます。

Yahoo!スマホ最適化ツールって何?

動作が遅いな〜重いな〜モッサリするな〜という悩みを解決してくれる便利アプリです。500万DLを突破している人気アプリでもあります。

ITmediaさんやRBB Todayさんなどのメディアでも紹介されている影響もあり、ここまでの人気アプリになっているのでしょうね。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

Yahoo!スマホ最適化ツールの使い方

インストール〜最適化

まずはPlay ストアにアクセスして「バッテリー長持ち・節電 Yahoo!スマホ最適化ツール」をインストールしましょう。

2015-07-04 23.34.31

インストールが完了したらアプリを起動。操作説明が表示されますが「スキップする」をタップしてOKです。

2015-07-04 23.35.34

基本画面がこちらになります。現在のバッテリー残量と何時間持つかが表示されています。

2015-07-04 23.35.50

では、まずはスマホの最適化を行ってみましょう。画面右下にある「最適化」のタブをタップすると、このような画面が表示されます。

2015-07-04 23.37.09

真ん中の「最適化」ボタンをタップすれば、自動的に最適化が行われます。

先ほどは空きが25%でしたが、最適化を行ったら38%になりました。

2015-07-04 23.37.58

容量をスッキリさせる

「容量スッキリ」のタブをタップすると、このような画面が表示されます。

2015-07-04 23.39.06
  • キャッシュ削除:不要な一時ファイルを削除し、容量を増加します
  • アプリ削除:アプリを複数選択してアンインストールができます
  • ファイル削除:手動でファイルを選んで削除できます

メモリを解放して最適化するだけではなく、キャッシュ・アプリ・ファイルの削除もできてしまいます。

もう、このアプリ一つで事足りますね。動作を軽くしてくれるアプリは数多くありますが、無料で使えて高機能といったら「Yahoo!スマホ最適化ツール」に限ります^^

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>