ツムツム マジカルボムの出現条件と使い方!オススメツムは?

23-1

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
23-1

ハイスコアを狙うためには欠かせない「マジカルボム」。ハイスコアを狙う以外にも、ミッションビンゴでも欠かせないアイテムですし、ボムキャンセルというテクニックにも応用することができます。

今回の記事では、「ツムツム マジカルボムの出現条件と使い方!オススメツムは?」という内容をお届けしていきます。

マジカルボムの出現条件は?

7チェーンぴったりでツムを消せば、100%マジカルボムを出すことができます。もしくは、「マリー」「ミス・バニー」のスキルでも出すことができます。

マリーの場合はマジカルボム(通常ボム)のみを出す、ミス・バニーは通常ボム・特殊ボムの両方を出すというスキルになっています。

マジカルボムの使い方は?

通常時に消して素早くフィーバータイム突入

定番中の定番がこの使い方でしょう。他のボムと一気にまとめて消すことで、素早くフィーバータイムに突入する、という使い方です。

フィーバーゲージがゼロの状態だったら、だいたい4〜5個くらいのボムを消せばフィーバータイムに突入します。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

チェーン演出ショートカット(ボムキャンセル)

ロングチェーンになればなるほど、チェーンの消去演出が長くなります。見ている・音を聞いている分には爽快感が溢れるのですが、プレイ時間をロスしてしまいますよね^^;

このチェーン演出をショートカットするテクニックが「ボムキャンセル」です。演出中にボムを1個消してあげることことで、演出の途中でショートカットすることができます。

カプセルイベントでカプセル破壊

毎月開催されるイベントの多くは「カプセルイベント」になっています。プレイ中に落ちてくるカプセル(チョコ・サクラ・タマゴなどなど)にボムを当てて破壊する〜という使い方です。

マジカルボムを出すのに適しているツムは?

スキルを使って100%マジカルボムを出すなら「マリー」です。マジカルボムを◯個消そう〜というミッションビンゴでは、マリーが大大大活躍してくれますからね。

他のツムでマジカルボムを出す〜となると・・・マリーと比べるとかなり使い勝手は悪いですが、「とんすけ」「パスカル」「ゼロ」あたりがオススメ。

とんすけはスキル発動数が7個とめちゃくちゃ軽いのが魅力。レベル1で7個前後〜レベル2で8個前後のツムを消すので、マジカルボムの出現条件にぴったり当てはまります。

パスカルは自身が他のツムに変化するので、7チェーン以上のロングチェーンが作りやすく、ゼロは効果時間中自身のツムが落ちてこないので、こちらもまたロングチェーンが作りやすくなります。

とはいえ、なんだかんだマリーが最適なんですけどね^^;

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>