ツムツム スターボムの出現条件と使い方!オススメツムは?

23-4

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
23-4

ツムツムで出現するボムの中には「スターボム」というものがあります。スターボムというネーミングを聞くと、めちゃくちゃ豪華そう・スゴそうな効果を連想しますが・・・。正直大したことありません。

通常時・フィーバー中問わず臨機応変に使って問題ない特殊ボムですし、出なかったからといって特に困ることはありません(ビンゴでは困る時がありますが^^;)

今回の記事では、ツムツム スターボムの出現条件と使い方!オススメツムは?という内容をお届けしていきます。

スターボムの効果と出現条件

スターボムは1個消すごとに経験値を10獲得できる特殊ボムです。正直、経験値を10貰えても・・・そこまで大きなメリットではありません。

もちろんボムですから、通常時に消して素早くフィーバータイムに突入したり、ボムキャンセルとして使うことができます。特殊ボムの一種ですが、通常ボムと同じような使い方で問題ありません。

では、どのような条件でスターボムが出現するのか?というと、11チェーン〜17チェーンの間でツムを消すと出現することがあります。

このチェーン数の中だと「13チェーン〜15チェーン」でツムを消すと、最も高確率でスターボムが出現します。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

スターボムを出すための適任ツムは?

最も適しているツムは「ミス・バニー」以外に考えられません。特殊ボムを含めてボムを生成するスキルを持っていますからね。ただし、スターボム以外の特殊ボムも発生させますから、100%出現するわけではありません。

ミス・バニー以外のツムで出現させるとなると・・・13チェーン〜15チェーンで調度良く消してくれるスキルの持ち主がGoodです。

消去系スキルを持つツムであれば、スキルレベル1で大体13〜15個前後のツムを消してくれます。

また、消去範囲をコントロールできる「ジェシー」や「サプライズエルサ」も適任ツムになります。

スターボムを発生させるミッション

  • ミッションビンゴ8枚目No4
    プレミアムツムを使ってスターボムを合計78個消そう。

「ミス・バニー」でゴリ押ししましょう。プレイ回数が多くなりますが、地道にコツコツプレイしていけば簡単にクリアできます。


  • ミッションビンゴ9枚目No10
    イニシャルBのツムを使って1プレイでスターボムを8個消そう

「バズ・ライトイヤー」「ベイマックス「ミス・バニー」が該当ツムになります。もちろん攻略に最適なツムは「ミス・バニー」です。


  • ミッションビンゴ11枚目No24
    白い手のツムを使ってスターボムを合計3個消そう

変化形スキルの持ち主である「ミニー」「デイジー」「ベイマックス」がオススメです。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>