青の母 2巻 ネタバレと感想|無料試し読みはコチラ

61Rm3N-MIpL._SX230_

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/

この記事では【青の母 2巻 ネタバレと感想|無料試し読みはコチラ】という内容をお届けしていきます。

人形に魂を移されてしまった絲子。「あの女、我らと同じ【青の母】を落とした子だな?】とフクロウに言われていましたが。

一体、青の母とは何なのでしょうか?

青の母 2巻 ネタバレ(1巻の後半部分〜)

青の母は病気や怪我を治してくれる

山鬼のすずめからこのことを聞いた絲子は、青の母を探そうとします。が、嫌な予感もしていました。

青の母・・・人形の身体・・・全ての糸がつながったら、とてつもなく恐ろしいことが起こる気がして。

そんな中、冬弥は高熱にうなされていました。そんな冬弥を助けるべく、絲子はすずめに青の母の居場所を尋ねますが・・・

「分からない・・・よ。多分・・・この御山のどこかだとは思うけど・・・」

すずめが絲子にこう話している様子を、遠くからフクロウが眺めていました。

絲子は青の母の落とし子?

青の母の場所は分からないけど、薬草を探して持ってくることはできる。絲子はすずめの優しさに甘えることにしました。

辺りはすっかり夜になっていました。すずめが戻ってこないのを、絲子は心配に思っていました。

そんな中、チリーン、チリーンと鈴の音が聞こえてきます。

そこにはすずめの姿があったのですが、その鈴の音はすずめが持ってきた薬草から聞こえてきました。

「すずめちゃん、それはダメ・・・っ。きっと毒草だわ」

「そ・・・っ、そんなことないよ。だって、フクロウのにーちゃんが教えてくれたんだもん」

「だったら尚更・・・っ、そんなものは使えないわ」

すると、どこからともなく三人の老婆がやってきます。その老婆によると、すずめに持たせた薬草は「トリカブト」だったのです。

さぁ!我らに冬弥を差し出せ!血反吐吐いて後悔せい

絲子に襲いかかる三人の老婆。老婆たちはドブメを切り裂いてしまいます。

「おかあさん・・・っ」

パニック状態に陥るすずめですが「ねーちゃん逃げて!早く!!」と絲子を促します。

絲子を追いかけようとする三人の老婆の前に、フクロウがやってきます。

待て、生憎そうはいかん。あの女・・・我らと同じ【青の母】の落とし子だな?

絲子は慣れない御山をひたすら走りました。ですが、何かに導かれているような感覚があり、明確な道筋が分かっているようでした。

青の母の無料試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると「BookLive!」のトップページが開きます。そこから「青の母」と検索すると、全巻無料で試し読みをすることができます。

▶▶BookLive!で「青の母」と検索して試し読み

【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅単行本より”おトク”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開く

青の母 2巻 ネタバレ(2巻最初〜)

妊婦は一体何者なのか?

御山を逃げてきた絲子は、とある山小屋に辿り着きます。ここしか逃げ場はない・・・そう感じた絲子は冬弥を連れて山小屋に入ります。

すると、山小屋の中には何人もの妊婦の姿が。ですが、みんな表情が虚ろで生気がありません。

まるで魂が抜けだしてしまったようなー・・・

一緒に逃げてきた冬弥が、激しい咳をすると同時に嘔吐をしてしまいました。

すると、1人の妊婦がやってきて素手で冬弥の嘔吐物を触ります。そして、それを手ですくい上げて飲んでしまいました。

「あなた達は一体・・・」

妊婦は魂を抜かれた身体?

絲子が質問しようとしても、妊婦は無視をして奥の部屋へと入っていってしまいました。

一晩泊めてくださいと、一応断りを入れる絲子。絲子の耳には相変わらず毒の歌が聞こえていました。

山小屋を見渡すと、そこには結婚式の時に舞を踊っていた巫女の姿がありました。

呼びかけても反応はありません。が、彼女のお腹はまるで妊娠したかのように膨らんでいました。

この人は人形ごと私が燃やしてしまったー・・・。もしかして、ここにいる女の人全員、魂を抜かれた身体なんじゃ・・・

絲子が何かを掴み始めたその時、奥の部屋から女の悲鳴が聞こえてきます。

明らかに只事ではない悲鳴。そう思った絲子はふすまを開けて奥の部屋へ入ります。

するとそこには・・・。

魂を抜かれた身体の絲子と遭遇

部屋には出産している様子の女がいました。が、産もうとしているのは人間ではありませんでした。

動物とも植物とも言えない物体。気持ち悪い色で痛々しくて得体が知れない・・・でも、その物体は優しい歌を歌っていました。

絲子の後ろから「おおよしよし、アンタ足が悪いのか」という声が聞こえてきました。

老人に手を引かれてやってきた女性。なんと、その女性は「人間の絲子」だったのです!

一方その頃、御山では三人の老婆とすずめ、フクロウが会話をしていました。

絲子はフクロウやすずめと同じ青の母の落とし子

そう考えれば全ての点に合点がいくと話すフクロウですが・・・どうやら、青の母の落とし子というのは「男」しかあり得ないとのこと。

全てを知っている様子のフクロウ、そして、三人の老婆は「あいつの操り人形」と話します。

 

人形の絲子は魂を抜かれた絲子と遭遇。そして、フクロウは全てを知っていて、三人の老婆は「あいつの操り人形」とのこと。

あいつとは一体・・・?

青の母 2巻を読んだ感想

2巻では一気に物語が進行しました。青の母の正体や人形供養の真相が徐々に明らかになってきました。

また、フクロウって実は悪者ではないのかも・・・?と思うシーンも。他にも、三人の老婆を操っている「あいつ」の正体が気になるところ。

今のところ、「あいつ」に該当する人物で思い当たるのは・・・冬弥か?

青の母 2巻を読んだみんなの感想

青の母の正体が判明。もっと大地そのものに関係あるのかと思ってたから少し物足りない。冬哉も意識を取り戻して次の目標も決定。青の母の小屋にいる人たちが優しい人たちでよかった。ようするに万能薬ってことですね。やはり青の母の真実を知っているのは村人の一部か。これが全体に知られた時に何か起きそう。絲子の身体を守れるといいんだけど・・・。恋愛面でも楽しめたりする。

村で秘密裏に行われていた鬼畜所業がだいぶ明るみに出てきました。人形/異形/老婆の絵のタッチが怖すぎワロ あと目の前の鼠で説明普通に受けられる主人公のグロ耐性の高さに笑いました。 1巻の3倍くらい面白かったです

表紙がなかなかホラーな2巻。青の母の正体はひとまずわかりましたが、まだまだ謎だらけ。禍々しい画面は迫力があって思わず見入ってしまいます。

グロさエグさが更に炸裂した2巻。 わけがわからないグロシーンと奇怪な展開に引き込まれるまま、一つ謎が解決はしたけど、まだまだ重大な謎がいくつもある。しかし、絵はpupaの頃からの雑さではあるけど、魅せる展開と表情とキャラ、題材は相変わらず。腹ボテリョナ?妊娠ってゲスい事をやってくれるなー(褒め言葉

待ち待った2巻。青の母について分かったようで分からない。この独特の世界観がたまらなくおもしろい。ぜひ続き読みたい。

青の母の無料試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると「BookLive!」のトップページが開きます。そこから「青の母」と検索すると、全巻無料で試し読みをすることができます。

▶▶BookLive!で「青の母」と検索して試し読み

【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅単行本より”おトク”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開く
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>