ちいさいひと 3巻 ネタバレ|無料試し読みはこちらから

41-kNfXq45L._SX230_

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/

この記事では【ちいさいひと〜青葉児童相談所物語〜3巻のあらすじ・ネタバレと口コミ・感想】という内容をお届けしていきます。

3巻は「東日本大震災」がテーマとなっています。震災から時間が経過していますが、自分は何も知らないんだ・・・ということを痛感させられます。

ちいさいひと〜青葉児童相談所物語〜3巻の無料試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。
そこから「ちいさいひと」と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻無料で試し読みをすることができます。

▶▶BookLive!から「ちいさいひと」と検索して試し読み

【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅単行本より”おトク”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開く

ちいさいひと〜青葉児童相談所物語〜3巻のネタバレ

避難

2011年3月11日宮城県。

「ママーっ!たすけて!!ママー!!!」

押し寄せる津波から逃げるお母さんと歩(あゆむ)くん。ですが、歩くんは転んでしまいます。

歩くんを置いて逃げるか・・・それとも・・・。

【この子が・・・いなければ・・・】

 

3月11日14時40分。

それはいつもと変わらない午後でしたーあの瞬間までは。

青葉児童相談所はいつもと変わらない時間が続いていました。が・・・突然、大きな地震が起こりました。

足止め

3月11日宮城県石巻市石巻児童相談所

石巻児童相談所が入っている合同庁舎には、約300人の住民が避難していました。庁舎には職員が約300人いるため、合計で600人が閉じ込められていました。

が、津波の水位は増し続け、庁舎の1階部分は完全に水没。

自家発電はわずか20分で停止。食料・水は売店の商品と備蓄品、そして自販機に残っているものしかありませんでした。

 

救出に何日かかるかわからない。帰りたいと泣きわめく子どもたち。

石巻児童相談所の職員達は、自分たちに何ができるんだ!と責任と葛藤を感じていました。

そんな時、児童相談所の所長が言います。

【笑うんだ、子ども達の前で】

中には「児童福祉司だからって、他人の子どもをたすけなきゃダメですか!?僕はそんなに強い人間じゃありません!!」と漏らす職員もいました。

すると、所長は話し始めます。

「昔、ワシの同僚でな。どんな時でも、何があっても子どもと命懸けで向き合う奴がいてな・・・」

「【何でそんなに頑張れるんだ?】って聞いたらー奴はこう言ったんだ・・・」

【子どもは俺達の輝く未来だから・・・】

数日後、庁舎にいた避難者・職員たちは無事救助されました。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

応援

3月15日青葉児童相談所

厚生労働省からの派遣要請があり、児童福祉司・児童心理司・保育士などを派遣することになりました。

健太は真っ先に声を挙げますが、所長は認めませんでした。

「あなたは半人前の1年生です」

あなたが行ったところで足手まといになるだけだ、と言われてしまいます。

肩を落とす健太でしたが、藤井のツテでボランティアとして石巻児童相談所に行くことになりました。

安否確認

3月16日宮城県石巻市

健太は石巻児童相談所を訪れました。そして、佐藤という児童福祉司と一緒に行動することになりました。

【子どものケアだけでなく、職員のケアもしていかなければならない】

心身ともに疲れきっているのは、子どもだけでなく職員たちも同じでした。

佐藤と一緒に動き回る健太。「いったい・・・オレにできる事って・・・なんなんだろう・・・?」と思い始めます。

決意

健太達は小学校を訪れます。

「つなみがきたぁーっ!!!つなみだぁーっ!!!」

子どもたちは津波から逃げるようなごっこ遊びをしていました。

不謹慎なのでは?と思う健太でしたが、このごっこ遊びは恐怖体験を克服しようとしているものなのでした。

 

「玲奈さん!!!歩くん!!!」

小学校には津波から逃げられたお母さんと歩くんの姿がありました。

そして・・・安否が不明だったお父さんの姿も。

糸が解けたかのように泣く玲奈と歩くん。

「私にちゃんと育てられるか・・・ずっと不安だったの・・・」

玲奈は本音を話し始めました。

「津波の時・・・歩の・・・事を・・・この子が・・・いなければ・・・って・・・思ってしまって・・・」

 

一方、健太に肩車されている歩くんは、こう話していました。

「ぼく、あの時ね・・・ママの手はなしちゃいそうだったんだ」

「ママがギュってにぎってくれなかったら・・・ぜったい流されちゃってたよ」

「だから・・・ぼく・・・力持ちになってね・・・」

「今度はぼくが・・・ママの手をギュってするんだ!」

ちいさいひと〜青葉児童相談所物語〜3巻の無料試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。
そこから「ちいさいひと」と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻無料で試し読みをすることができます。

▶▶BookLive!から「ちいさいひと」と検索して試し読み

【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅単行本より”おトク”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開く

ちいさいひと〜青葉児童相談所物語〜3巻の感想・口コミ

全ページ東日本大震災の特別編。各話に名言が(^-^)「子どもは 俺達の輝く 未来だから•••」「うつむいて歩いている子がいたら、『どうしたの?』って声をかけてあげる。それだけで全然違うから」 各話の隙間にあるルポにあとがきも、文章だからといって読み飛ばしたらあかんなぁ、って思う一冊です。

東日本大震災でのお話し。子供は俺たちの輝く未来!感動してしまった。あの時は、大人でも不安になってしまう。それよりも子供達も大人が不安にしてるとすぐ感じてしまう。自分はすぐ気持ちが顔にでるから、強くならなければ^_^;

震災特別編。実際にそのときの様子を取材して描いたらしく、途中途中の漫画で描けなかったところをルポとして載せてるのはいいなと思いました。すごいなって言葉で片付けるのは失礼だと思うけど、これからも前に進んでいってほしい。

震災から2年半以上…だけど、まだ、ほとんど何も知っていないんだということを改めて知らされる。お母さんが迷ったことで自分を信用できなくなっていたのにたいして、子どもは、「お母さんが必死で手を差し伸べたこと」を記憶していた、そのことに、なにか隠されていた光るつよさ、みたいなものを感じた。

震災の時の話は、なるほど、ばかり。児童福祉士の方たちの気持ちが伝わる。全巻揃えよう。

震災編完結。「子ども達はオレ達の未来ですから」…なんて素晴らしいひと言だろう。

ちいさいひと〜青葉児童相談所物語〜3巻の無料試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。
そこから「ちいさいひと」と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻無料で試し読みをすることができます。

▶▶BookLive!から「ちいさいひと」と検索して試し読み

【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅単行本より”おトク”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開く
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>