iPhoneのSIMカードを取り出す!ピン失くしてもクリップでOK

for_iphone_2g_3g_3gs_4g_sim_card_tray_eject_pin

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
for_iphone_2g_3g_3gs_4g_sim_card_tray_eject_pin

iPhoneに挿入してあるSIMカードを取り出す際には、付属のピンを使うことが一般的です。iPhoneの右側面を見てみると、直径1mmくらいの小さな穴が開いています。ここに付属のピンを差し込むと、中からSIMカードが出てきます。

これでSIMカードの取り出しは完了。めでたしめでたし・・・となるはずなのですが。

僕だけでなく多くの人は、付属のピンを失くしていると思います。(勝手に決め込むなっていうツッコミはなしでw)

ですが、ご安心ください、付属のピンではなく、とある日用品で代用が可能ですので。

ピンを失くしてもクリップで代用可能

この記事のタイトルに既に答えが記載してありますが、クリップで代用可能なんです。100均やコンビニなどに行けば、簡単に購入することができます。

あんな細くてグニャグニャなクリップで大丈夫なの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。楽勝です。

ということで、僕のiPhoneで実際に試してみることにしましょう。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

実際にクリップで試してみた

準備したのはこちらのクリップ。どこにでもある普通のクリップです。

2015-03-22-15.18.07-450x600

が、このままの状態では使えないので、先っちょをこのように伸ばします。

2015-03-22-15.18.34-450x600

真っ直ぐキレイに伸ばさなくてもOK。多少曲がっていても先っちょ部分がiPhoneに入れば大丈夫なので。

では、実際にクリップをiPhoneの右側面に入れてみましょう。この時、結構強めに力を入れないと、クリップが入っていかないので注意です。

2015-03-22-15.19.59-338x600

画面割れとるやんwというツッコミはなしでお願いします。ちなみに、この時はスタバでアイスコーヒーを飲みながら、Macbookをカタカタしていました(( ・´ー・`)どや

はい、僕のことは置いておいて、次に進みます。クリップを入れてカチャッという音が聞こえたら、中からSIMカードが出てきます。

2015-03-22-15.20.34-338x600

これでSIMカードの取り出しは完了。後は煮るなり焼くなり、ご自由にお使いください^^

まとめ

  • iPhoneのSIMカードを抜き出すときは、付属のピンを使うのが一般的。
  • ピンを失くした時はその辺にあるクリップで代用可能。
  • クリップを伸ばしてiPhoneの右側面に差し込めばOK。

ピンなんて失くしたわ!というか、ちゃんと箱ごと保管している人なんているの?と思う人も少なくないと思います。

買った当時のまま、箱ごと全部保管してある〜という人、僕は尊敬します。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>